千住物語   


松尾芭蕉(1644~94)


自然を愛した詩人 松尾芭蕉
奥の細道など 自然や人生をきびしく見つめ、「わび・さび」を重んじる俳句や連歌の作風を完成した
生の真実をうたいあげるものとするため、解決を旅の中に求め
旅に生き旅に死んだ 真の
俳諧文芸の道を深めた俳人



芭蕉年表

西暦
せいれき
年号
ねんごう
年齢
ねんれい
事跡
じせき
1594 文禄 3 9月 隅田川最古の橋 大橋が架けられる(徳川家康の家臣伊奈忠次の指揮)
橋の南北の位置する千住宿は、江戸四宿(千住・品川・板橋・内藤新宿)の中では最大の距離をもち、日光道中の宿場 日光・奥州方面への玄関口として栄えた
1603 徳川家康は 征夷大将軍となって江戸幕府を開いた
1623 徳川家光が第3代将軍になる
1636 日光東照宮大造営が完成する
1644 正保 元
しょうほう
1 伊賀上野の赤坂に松尾与左衛門の次男として生まれ、幼名は金作といった。兄、姉各1人、妹3人
1656 明暦 2
めいれき
13 2月、父が死去した。上野の新七郎家の嫡子、良忠(俳号蝉吟)に仕えていたと考えられる
1660 万冶 3 両国橋が架けられ 以来 大橋は 千住大橋と呼ばれるようになる
1664 寛文 4
かんぶん
21 佐夜中山集(さよのなかやましゅう)に、松尾宗房の名で発句が二句おさめられている。この文献にあらわれた最初の句である
1666 寛文 6 23 4月 主人の藤堂良忠(とうどよしただ)が死去
京都に遊学し、北村季吟について俳諧の教えをうけた
1672 寛文12 29 正月、30番の句あわせをおこない、「貝おほひ」と題して、伊賀上野の菅原社に奉納した
春、江戸に出て、俳人の杉風や卜尺をたよった。
1675 延宝 3
えんぽう
32 江戸へきた談林派の創始者、西山宗因(にしやまそういん)に会い、その俳席に出席した
1676 延宝 4 33 6月、伊賀上野に帰り、7月、再び江戸へ戻る
1678 延宝 6 35 百韻三巻をおさめた「江戸三吟」を出版。
この頃、生活のために神田上水の工事に関する仕事をしていたらしい
1680 延宝 8 37 冬、杉風の好意で、深川の住みかに移った。
徳川綱吉将軍となる
1681 天和 元
てんな
38 春、門人李下(りか)から一株の芭蕉を贈られた。それ以来、住まいは「芭蕉庵」と呼ばれ、俳号も「芭蕉」とあらためられた。
1682 天和 2 39 12月、駒込大円寺から出火した江戸大火ののため、芭蕉庵が類焼した。この直後、甲斐(山梨県)へ旅だった
1683 天和 3 40 5月、江戸に帰った
6月、母は死去した
冬、門人たちによって、芭蕉庵が再建された
1684 貞享 元
じょうきょう
41 8月、門人千里(ちり)とともに旅にたち、伊勢を経て、9月、伊賀上野に帰った。さらに、吉野をたずねたのち、熱田、名古屋にとどまって、連句(「冬の日」)を作った
12月、ふたたび伊賀上野に帰り、越年した
1685 貞享 2 42 2月、伊賀から奈良を経て、京都、近江を歩き、3月の末、熱田に出て甲斐をまわって4月末江戸に帰った
江戸を出てから9ヶ月・・
「のざらし紀行」
1686 貞享 3 43 8月、「春の日」を出版
この年、井原西鶴の「好色五人女」が出版され、また、近松門左衛門の「出世景清」がはじめて上演された
1687 貞享 4 44 8月、門人も曽良、宗波をともない、鹿島(茨城県)に遊んだ・・「鹿島紀行」
1688 元禄 元 45 2月、伊勢神宮に参拝、杜国とおちあい、上野で亡父のの33回忌をつとめた。
3月19日 杜国とともに上野を出て、吉野山のさくらをたずね、高野山、和歌の浦、奈良をを経て大阪にいたり、さらに須磨、明石に遊んで、四月下旬に京都にはいった・・
「笈の小文」
京都で杜国(とこく)とわかれたのち、大垣、岐阜を経て名古屋についた。
8月、門人の越人(えつじん)をともなって名古屋をたち、信州更科の月をみて、善光寺に参り、月末、江戸に帰りついた・・
「更科紀行」
9月13日夜 芭蕉庵で月見の会をひらいた
1689 元禄 2 46 3月27日 曽良を伴い、奥の細道の旅に出た。日光、松島、平泉(岩手県)、羽黒山(山形県)、象潟(新潟県)などをめぐり歩いて、7月15日、金沢にはいった。山中温泉に(石川県)で曽良とわかれたのち、8月14日、敦賀で門人の路通と会い、月末に大垣についた・・「奥の細道」(約600里、140日)。さらに伊勢をまわって、9月下旬、伊賀上野に帰った
11月末、路通と京都に出たのち、近江の膳所(ぜぜ)で越年した。
1690 元禄 3 47 正月、伊賀上野に帰り、3月まで滞在
4月、近江の幻住庵(げんじゅうあん)にはいり、7月までとどまる。名月を大津の儀仲寺(ぎちゅうじ)で見たのち、大津の門人乙州宅(おとくに)で越年した
1691 元禄 4 48 春、一時、伊賀に帰ったが、4月18日から5月4日まで、嵯峨(京都市)の落柿舎(らくししゃ)に滞在・・「嵯峨日記」
7月、門人の去来(きょらい)、凡兆(ぼんちょう)の選により「猿蓑」(さるみの)が出版された
儀仲寺の無名庵(むみょうあんで、中秋の名月を見る会をひらいた
10月末、3年ぶりで江戸に帰った
1692 元禄 5 49 5月、新築した芭蕉庵にはいった。
秋、「閉関の説」を書き、しばらく門をとじて庵にこもった
1694 元禄 7 51 5月 江戸を立ち、鳴海、名古屋を経て伊賀上野に帰った。
閏5月、近江、京都ですごした
6月 寿貞が芭蕉庵で死去した
7月 盆の供養をするため上野に帰って、2ヶ月滞在した
9月8日 上野を立って、奈良を経て大阪に出た。29日から下痢のため病床についた
10月5日、南御堂前に移り、12日午後4時ごろ、門人にみとられて死去した、14日、遺言により、遺体は大津の儀仲寺に葬られた。
1702 元禄15 「奥の細道」刊行される

 参考資料:「芭蕉」 偕成社 著者 伊馬春部



芭蕉の紀行文

野ざらし紀行・・41歳秋・・8ケ月
道のべの木槿は馬にくはれけり
山路来てなにやらゆかしすみれ草

江戸に帰り 二年半ばかり 静かにものを考える
古池や蛙飛びこむ水のをと
花の雲鐘は上野か浅草か


鹿島詣・・8月鹿島神宮参拝の旅 仲秋の名月を見るためでもありました

笈の小文・・10月東海道、近畿地方
江戸~須磨明石という大旅行5ケ月
旅人とわが名呼ばれん初しぐれ
旅人になりきりたいという芭蕉の心持が表われている

更科紀行
笈の小文の帰り京都~名古屋をまわって、8月にはまた名月を見ようと、木曽路にを上って信州更科に姨捨山へ行き、長野から浅間山のふもとを通って江戸へ戻っています。でも この年の年末には次の旅をこころざしていました
まだ 本当の旅になっていないと感じたのです。行く先々で門弟達の歓迎を受けました。こんな楽な旅をしていては、自分の人間修行、文芸修行にはならないと考え、今度こそ、まことの旅をしよう。ふつうの生き方の一切を捨て、人間としてのまことの心を保って旅をいく。そこにこそ、自然と人生の中に秘められた真実が見えてくるのだ。真の文学はそのような心から生まれるのだ」と考えたのです。

奥の細道46歳
芭蕉庵~大垣
フィクションを加え文学的な再構成がされている。文体は漢語を交え、力強く簡潔で、よく旅中の情景が書き尽くされている。
文中の50の発句は、蕉風の円熟期を代表するといわれる。