千住物語       ・・おくのほそ道 千住旅立ち・・
 HOME

松尾芭蕉 奥の細道
元禄2年(1689)3月27日(新5月16日)松尾芭蕉は、門人曾良を伴い江戸深川から船に乗り
日光道中初宿千住から奥州、北陸、美濃へと旅立ちます。

発端
月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして、旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。予も、いづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂白の思ひやまず、海濱にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず、もゝ引の破をつゞり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、松島の月先心にかゝりて、住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、
草の戸も住替る代ぞひなの家
表八句を庵の柱に懸置。


旅立ち
弥生も末の七日、明ぼのゝ空朧々として、月は在明にて光おさまれる物から、不二の峯幽にみえて、上野・谷中の花の梢、又いつかはと心ぼそし。むつまじきかぎりは宵よりつどひて、舟に乗て送る。千じゆと云所にて船をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の泪をそゝぐ。
行春や鳥啼魚の目は泪
是を矢立の初として行道なをすゝまず。人々は途中に立ならびて、後かげのみゆる迄はと、見送なるべし。





千住大橋架橋後95年目のこと。
幕藩体制は落ち着きをみせ犬公方で名高い徳川五代将軍綱義が坐に就いており、町人文化が花開いていた時代。
1594年(文禄3年)徳川家康が千住大橋を架けさせた江戸で最初の橋。
1603年 家康は、天下支配の実権をにぎり,征夷大将軍に任じられて江戸幕府を開く。
1625年 千住宿が日光道中の初宿に指定される。
江戸時代、 昔の旅人にとって千住大橋橋を渡ることは江戸を去る第一歩であり、また江戸入りの第一歩でもあった。



元禄2年3月27日(陽暦5月16日) 芭蕉46歳 涙の別れ 旅立ちの日
前途三千里 みちのくという、はるか鄙の果てへの旅路 お伴は 門人曾良明け方の空はおぼろにかすみ 夜が明けても空に残っている月遠くに富士山の姿もほんのりと見える 上野・谷中の桜を 今度はいつ見られることか弟子たちは 前夜から集まり みな船で隅田川をさかのぼり、千住であがりこれからの長い旅の想いで胸がいっぱいなるのでした。幻のようにはかないこの世 一同にわかれつげているあいだにも なみだが頬にあふれてなりません。
行春や鳥啼魚の目は泪
過ぎ去っていく春との別れを悲しんでいるのであろうか、鳥は悲しそうな声で鳴き、魚の目にはなみだがたまっているようだ。見送る人たちは、いつまでもいつまでも芭蕉を見送りました。奥州街道の最初の宿場は千住。この旅の目的地東北は、むかしから陸奥(みちのく)とよばれています。道の奥。この世のはてという意味です。旅の支度は防寒用の紙子(衣服)、ゆかた、雨具、筆墨 剃りあげた坊主頭に墨染めの僧衣姿といういでたちでした。






千住大橋
奥の細道矢立初めの地 石柱
千住宿奥の細道プチテラス
矢立初の芭蕉像
街薄暑奥の細道ここよりす
千住の俳人 為成菖蒲園
千住大橋新橋より 深川方面を望む 千住大橋橋詰テラス
素盞雄神社 (すさのおじんじゃ)
芭蕉句碑
大橋公園 芭蕉句碑
千住宿歴史プチテラス
芭蕉句碑


千住の芭蕉句碑

1820(文政3年〕建
素盞雄神社
荒川区南千住
行くはるや鳥啼き魚の目は泪
1967(昭和49年)10/12建
大橋公園
千住橋戸町
行く春や鳥啼魚の目は泪
2003(平成15年)5/16建
千住宿歴史プチテラス
千住河原町
鮎の子のしら魚送る別哉
千住神社
千住宮元町
ものいへば唇さむし秋の風
氷川神社
千住3-23
春も漸けしきととのふ月と梅
安養院
千住5-4
行く春や鳥啼魚の目は泪
氷川神社
元禄6年1693年 芭蕉50歳の吟。画賛の一句である。
春も漸けしきととのふ月と梅

千住神社
元禄4年1671年の吟。座右之銘と前書のある一句
人の短をいふ事なかれ    己が長をとく事なかれ
ものいえば唇さむし秋の風
(ものいえば くちびるさむし あきのかぜ)
他人に口角泡を飛ばして非をなじったり、自分の優れたことなどしゃべらない、ということを座右の銘としたい、というのである。
芭蕉自身、自分の発言によって、唇さむしと感ずるような生活があっての作句と思われる。そういうことをしたことがあったのだろうか?


矢立初の句・・奥の細道出立のときの留別の吟
●行く春や鳥啼魚の目は泪
5年間に亘る推敲で入れた句で、当初は「若鮎の白魚送る別れかな」であろうといわれている。
過ぎ去っていく春との別れを悲しんでいるのであろうか、鳥は悲しそうな声でなき、魚の目には涙がたまる。
芭蕉が門人曾良を連れて、奥の細道へ出立したのは、もう初夏らしい日ざしが青若葉葉に照りはえていた。深川から船に乗って、午前十一時ごろ千住にあがった。今の千住大橋の下手のところらしい。千住は奥羽街道の第一の宿場で、道の左右には旅亭や商家が軒を並べ、旅人の往来が絶えなかった。毎朝、近郊の人たちがやってきて、五穀や野菜や川魚などの市が立った。深川から送ってきた親しい人たちとは、ここで別れるのである。前途何千里の思いが胸にふさがって「幻のちまた」に離別の涙をそそぐ 今の旅行と違って、たいへんな決意で出かけたのである
このとき作った人々への留別の句が「行く春や・・・」の句である。時はちょうど弥生の終わりであるから惜春の感じを詠み 、惜別の情が重なっている。行く春の別れには、花も涙をそそぎ、鳥も心を驚かすと、杜甫は詩にうたっている。また、崇徳院の歌に「花は根に鳥は古巣に帰るなり」というのがある。この歌は「大菩薩峠」でも、間の山のお玉によって繰り返し哀愁ふかく歌われる。こういう詩や歌をもとにして芭蕉はこの惜春の句を作ったと言うのではない。だが、そういう伝統的な発想が、まったくなかったとも言いきれない。あるいはまた動物たちが啼泣(ていきゅう)している釈迦涅槃図も、芭蕉の意識にあったかも知れない。

●鮎の子の白魚送る別れかな
芭蕉の発案であったといいわれているこの句は 奥の細道には採用されなかった。
千住まで見送りにきた門弟達を鮎の子に、送られる自分を白魚に見立てた。
白魚は旧暦2月ころ産卵のため川を上る成魚、鮎の子は その後3月ころ海から川へさかのぼる若鮎、若鮎が白魚のあとを追う。川辺で別れを惜しむ光景にたとえてる。当時荒川(現隅田川)には白魚がたくさんいたという。
千住の名物としてこの白魚が土地へのあいさつ用語として採用されたとも解釈できる。


足立区立郷土博物館・・伊賀焼きの芭蕉像


足立区立中央図書館郷土資料室内

足立区立郷土博物館内 
昭和49年 おくのほそ道 矢立初の碑が建立されたのを祝って、世田谷区奥沢の川崎康子さんから区に寄付された伊賀焼の芭蕉象です。
長いこと国会議事堂の憲政記念館に展示されていましが、足立区立中央図書館郷土資料室⇒足立区立郷土博物館⇒足立区生涯センターに安置し、一般公開しています。
ほぼ当身大で、坐像の高さ1メートル、幅1・2メートル奥行き80センチ

2009年5月 伊賀焼芭蕉坐像が足立区生涯センターに!

 




作者は、故川崎克氏。俳聖松尾芭蕉の偉業顕彰するため、昭和17年、芭蕉生誕地 三重県伊賀市伊賀上野に俳聖殿が建立された祭に伊賀焼で制作し堂内に安置されました。
これはその副にあたるものです。



三重県伊賀市 
俳聖殿・・松尾芭蕉にちなんだ建物


芭蕉の旅姿を形どった八角堂で、屋根は檜皮葺。殿内には伊賀焼等身大の芭蕉座像を安置しています。市の文化財に指定されている。昭和17年(1942年)に芭蕉生誕300年を記念して建設されました。芭蕉座像公開は芭蕉祭の10月12日のみです。
ロケーション:上野公園内

おくのほそ道 矢立初の碑の除幕式

     

足立の歴史は古いが、時代の推移、町づくりの進展につれて、それを語る遺跡は面影を変え、時にはその姿すら消し去ろうとしている。遺跡や、先人の足跡は大切に残し伝えたい。こうした構想で、足立区では 昭和42年から文化財の保護調査とそのアピールに努め 昭和49年 区の遺跡顕彰事業として 区内の史跡・旧跡を伝える碑石・標柱を建立した。

芭蕉忌にあたる10月12日、千住大橋北詰の区立大橋公園において、史跡「おくのほそ道 矢立初の碑」の除幕式が行われた。
芭蕉忌を別名「時雨忌」という、その名のとうり、早朝からしとしとと音もなく時雨。
長谷川区長によって幕がとられると雨に濡れ、ひときは彩りの美しくなった
およそ8トンという木曽天龍の龍石があらわれに嵌め込まれた黒御影に刻字が浮き立った。
1967(昭和49年) 10月12日建立・ 「おくのほそ道矢立初の碑」
「おくのほそ道」疎竜清書本から
・・・表に・・・
史跡 おくのほそ道 矢立初の碑
千じゆと云所にて舟をあがれば、
前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻のちまたに別離の泪をそゝく
行く春や鳥啼魚の目は泪
是を矢立の初として、行道なをすゝまず
人々は途中に立ならびて後ろかげのみゆる迄はと見送なるべし
・・・そして裏に・・・
江戸時代の俳人、松尾芭蕉の著わした俳文紀行「おくのほそ道」は、日本の古典文学として内外に親しまれている同書によれば、深川を船で出発した芭蕉は旧暦元禄2年(1689)3月27日千住に上陸し旅立っていった千住の河岸には古くから船着場があり、このあたりが上り場であった。千住は、寛永2年(1625)、3代将軍家光のとき、日光道中の初宿に指定され日光・奥州・水戸の各道中の宿駅としてにぎわった街薄暑奥の細道ここよりす
菖蒲園昭和49年10月12日 東京都足立区と記してある

 
●碑石のデザイン、ディスプレー:安藤義雄氏
昭和48年から文化行政を担当し、奥州路の足立の歴史的な地点に史跡の標識を建てたいと考え、史跡継承事業計画を立案、翌49年度から実施。まずは、千住からと、百数十万円の予算をもって千住大橋北詰めの大橋公園内に「おくのほそ道矢立初の碑」を建立。この碑石の除幕式を文化的イベントとするため、芭蕉忌の10月12日に行った。
●1689(元禄2年)から『奥の細 道』300年記念 旅立ちの第一歩の足立区は 奥の細道の全行程を示した大看板をかけた。
●2002(平成14年) 公園内は整備され 碑石の後ろに松が植えられた。



ロバート・リード(画家・翻訳家)僕の細道 芭蕉、実踏見聞記

departing spring
birds cry,in fishes eyes
are tears
行春や鳥啼き魚の目は泪
多くの芭蕉の俳句と同じように、一見すると自然の状況が表された句のようだが、これが詠まれた状況を知っていれば、「行春や」は芭蕉の春の旅立であり、過ぎ去る季節のことである。ちなみに「鳥啼」について言えば、英語でも日本語でも鳥の啼き声にたいして「啼く=泣く」という言葉をつかう、そして「魚の目は泪」だが、偉大な詩には必ず表現形態を越えたイメージがあるものだ。この句は一説によると、世話になった魚商人杉風(さんぷう)に対する感謝をこめて詠まれたものだという。また一方では、杜甫の詩「春望」に出てくる「鳥」「魚」から連句した句だとも言われている。しかし、芭蕉の偉大さは、それらのいろいろのようそを、その場で自然に句に詠みこむばかりでなく、「魚の目は涙」のようなとんでもなく新しい表現を生み出している点ある。そこにこそ芭蕉の天才たるゆえんがある。僕の友人達が、それぞれの仕事に向かう時間になり、別れを急がなければならなかった。
車を見送り、一枚のスケッチをしてから、通勤する人々が、絶え間なく続く流れに逆らって、賑やかな朝の歩道を歩き始めた。