千住物語   
第4回 写真で見るやっちゃ場と文化人展


千住にあそんだ文人とそのパトロン

千住宿歴史プチテラス   2003年10月9日から13日 10~5
主催:千住大賑い会

千住大橋、日光道中が 千住に文人たちを抱えるパトロンを生み出す土壌をそだてた。
その文人の足跡がいま私たちの心を癒すところとなる。
感謝すべきは、文人か、パトロンか、それとも千住大橋か

中村不折 建部巣兆  千住の絵馬
建部巣兆 1761~1814 1815(文化12年)千住の酒合戦 中屋六右衛門
亀田鵬斎 1752~1826 1820(文政3年)素盞雄神社の芭蕉句碑(巣兆7回忌) 「坂川屋」山崎鯉隠
酒井抱一 1761~1828 村越栄之助其栄
谷文晃 1763~1840
高浜虚子 1874~1959 昭和18年やっちゃ場句会 「大喜」為成菖蒲園
中村不折 1866~1943 清亮寺の編額 「葛西屋」中島家