千住物語HOME 

千住・町歩き~蔵のある風景を歩く センジュ マチアルキ に参加して   jusin



















主催 千住・町・元気探険隊 / 千住蔵研究会
2001/9/16千住の魅力発見
2001/9/23(日) 南千住をたずねて
2001/9/30(日)蔵のある風景    
2001/10/10~写真展~蔵博~終了
2001魚河岸DE
2001千住エキゾチックフェア 大江さんの読売新聞・建築懐古録
  

千住の蔵 知ってますか
旧日光街道道沿い 今も50棟残る(13/9/12 朝日新聞より)

江戸の北の玄関だった足立区千住の街には、江戸末期から昭和初期にかけて造られた蔵が数多く残る。
日本人の知恵が詰まった蔵の保存運動は全国でひろがっているが、千住の蔵はあまりしられておらず
保存の動きも限られている。蔵は駐車場やビルに姿を変え、数は減っている
今年も駅前の再開発で4棟が姿を消した。多くの蔵が目立たない場所にあるためか、あまり関心を払われない。
まちぐるみで保存に取り組む埼玉県川越市などに比べ、動きは鈍い。
同会が、解体される蔵に使われた部材を保存するのが、やっとだという。
千住河原町で蔵を所有する会社員の岡本行央さんは「個人の力だけでは蔵の補修が難しくなってきた」と訴える。
「千住蔵研究会」は「まず蔵の存在を知ってほしい」と、
蔵を訪ねるウォークラリーや会員が参加者を案内する「街歩き」を行っている



参考資料
センジュヲアルコウ 千住蔵研究会 千住・町歩き~蔵のある風景を歩く~ 
今とむかし広重名所江戸百景帖
足立風土記
写真に見る 足立の交通誌