千住物語 
 千住の灸 千葉灸治院
 千住の灸・千葉灸治院看板
足立区立郷土博物館所蔵
 リンク
 
千住物語
千住文化普及会
無二無三
足立区立郷土博物館
千葉の灸 
千住発 千葉佐那研究会
北海道龍馬記念館
東京龍馬会
北辰一刀流 玄武館
甲府市の清運寺
山梨龍馬会甲斐援隊
山梨日日新聞社
高知県立
  坂本龍馬記念館
京都国立博物館
大河ドラマ龍馬伝
足立朝日
足立よみうり新聞
幕末掃苔屋 公式ブログ

 千葉さな(佐奈・佐那) 千住の灸・千葉灸寺院)   千葉さな展

  
 坂本龍馬の許嫁 千葉さな(佐奈)終焉の地「千住」

坂本龍馬(1835~67)は、土佐から江戸に剣術修行の為、千葉道場に入門。
道場の娘千葉さなと出会い婚約したとされます。
晩年は、千住に住み家伝の灸を生業に暮らし、龍馬の片袖を大切に、59歳で生涯を終えました。

 ■ 千葉さな
千住の灸 千葉さな
千葉さな(佐奈、さな子、佐那)初名は乙女

天保9年3月6日(1838)~ 明治29年(1896)10月15日
さなさん 晩年はちょっぴりぽっちゃりしていたようです。

北辰一刀流剣術開祖千葉周作の弟・小千葉(桶町)道場千葉定吉の次女。
父/・定吉、母/瀧、姉/梅尾、兄/重太郎、妹/りき・きく・はま
司馬遼太郎の龍馬がゆく、坂本龍馬とともに与えられた長刀目録には
「佐那」
千葉家の位牌・千住文書には、
「佐奈」
甲府清運寺の墓には
「さな子」と記されている。

14歳で免許皆伝、その美貌と剣の強さから千葉の鬼小町と呼ばれていた。
19歳、伊達家の正姫の剣術師範として伊達江戸屋敷に通い、9代藩主伊達宗徳(当時27歳)と立ち会って勝ったこと、佐那がとびきり美人であった。(稿本藍山公記こうほんらんざんこうき)

土佐から江戸千葉道場に入門した龍馬と天下静定の後を待って華燭の典(結婚)を挙げたいとし、父定吉もそれを許可し、龍馬は桔梗紋服、千葉家からは短刀一振りを取り交わし婚約したとされる。
龍馬は、姉乙女に佐那を紹介する手紙を送っている。(北海道坂本龍馬記念館所蔵)
おさなは、、もとはおとめという、ことし26歳、乗馬がうまく、剣の腕も大変強く、長刀もでき、力は並みの男よりも強く、琴を演奏し、絵も描き、性格もしっかりしていて、それに加え物静かな人です。
しかし、坂本家には、許嫁としては伝わっていなっかったようである。
幕末動乱の時代、龍馬は、伏見寺田屋で襲撃され、助けられたお龍と結婚。 
慶応3年11月15日、京都河原町の近江屋で暗殺される。

さなは晩年、明治15年頃千住に移り住み、家伝の灸を生業として暮らし、59歳同同地で生涯を終える。
谷中墓地に埋葬され、現在は八柱霊園の無縁塚に葬られている。
甲府清運寺「千葉さな子」の墓は、生前懇意にしていた自由民権家小田切謙明の豊次夫人が無縁仏になるのを不憫に想い建てた墓である。



●独身を貫いたという一途な女性像で話題になったさなさん。
生涯独身それは、小説・ロマンのお話。
7/3・4「さな結婚していた」 実は龍馬七回忌後求婚され結婚していたと新聞に報道される。
「歴史研究家あさくらゆう氏」の研究により、真実が解き明かされました。
横浜毎日新聞明治36年(1903)8月7日~11月25日(87)連載「千葉の名灸」を調査、断定。

千葉さな結婚説について興味のある方は
こちらへ→千葉さなと千住中組の千葉灸治院 PDFファイルへ
おさなさん、横浜で元鳥取藩山口菊次郎に求婚され結婚、しかし、10年弱で離婚。


 
● 千葉佐那(千住・千葉灸治院)LINK
足立区立郷土博物館:「千葉灸冶院の住居表示地図」/千葉佐那(さな子)と千住中組の千葉灸治院
無二無三(あさくらゆう氏のブログ
足立朝日:2010年1月5日号/龍馬の許婚・千葉さな子は千住に住んでいた 片袖に想いたくし生涯独身
一眼レフのあるアジアンライフ :千葉の灸 (千葉次郎さんのブログ) 



●7/18 NHK大河ドラマ「龍馬伝」第3部スタート、冒頭に千葉佐那・貫地谷しほり再登場
明治15年千住の灸・千葉灸治院
坂崎柴攔が同席、岩崎弥太郎が千葉佐那の灸を受けながら龍馬の話をする。が、アッツイ!アチー!
4/25 第17回「怪物、容堂」龍馬と佐那の最後の立合いと別れの場面が見ものです。
4/18 第16回「勝燐太郎」 土佐を脱藩した龍馬は、勝燐太郎に会うために江戸に現れる。龍馬を一途に待ち続けていた佐那と再会する。
 
 ■ 千葉の名灸 千住の灸・千葉灸治院
 

図①
写真:東京名所図会 北郊之部
原本 風俗画報臨時創刊
明治43発行 睦書房刊行


明治15年春 千葉さな45歳頃  
 千住1-1(現1-4)へ灸治院開業
明治20年3月25日 
 足立群役所建築立退きのため、千住中組70番地(現仲町12)へ
明治21年7月31日 
 千住中組993番地(現仲町1-1)に灸治院を新築

明治29年 千葉佐奈没
明治36年 兄重太郎家の千葉束が稼業を継承
→①


 
 

図②
昭和45年 千葉灸治院
写真:足立区立郷土博物館所蔵
昭和18年 仲町29番地(現3-7)に移転
区画整理、強制疎開のため
→②

千葉灸治院は、昭和50年代まで引き継がれ、ご子息が平成12年までお住まいでした。


★明治20年 立ち退きの為の文書が、2010年9月幕末研究家あさくらゆう氏により、東京都公文書館で発見されました。
2010年12月24日まで公文書館で佐奈の直筆展示中

 

千住の灸・千葉灸治院跡
(佐那さんの住んでいたところ)

千住仲組土手下(掃部宿伯楽横丁)

現、東京都足立区千住仲町1番1号
国道4号線、千住宮元町交差点
平成22年1月撮影

 

千葉佐那・千葉灸治院跡 説明板除幕式

平成22年(2010)4月8日 
NPO法人千住文化普及会


アクセス

東京都足立区千住仲町1番1号
 
京成千住大橋駅より徒歩5分 
北千住駅より徒歩15分



矢立茶屋
千住河原町29-5 03-3882-0451

 年表
 
天保6 1836   11/15龍馬土佐で誕生
天保9 1838   3/6 さな江戸で誕生
嘉永4 1851   さな 北辰一刀流免許皆伝
嘉永6 1853   龍馬19歳、江戸の北辰一刀流千葉道場に入門。 佐那16歳
ペリー来航
安政元 1854   龍馬剣術修行を終え、土佐に帰国
安政2 1855   道場を桶町に移す。(震災により発生した火災)明治4年まで
安政3 1856   龍馬再び江戸 小千葉(桶町)道場
安政5 1858   龍馬北辰一刀流免許皆伝(長刀目録)  帰国
婚約(文久2年とも)
文久2 1862   龍馬 脱藩後江戸へ 千葉道場に潜伏、勝海舟弟子入り
文久3 1863
26 1月龍馬江戸
8/14龍馬、姉乙女宛手紙に佐那を紹介
元治元 1864   龍馬、お龍と出会う
池田屋事件
千葉家を訪れる
慶応2 1866   寺田屋事件 
龍馬、お龍と結婚、薩摩へ新婚旅行
慶応3 1867   大政奉還
11/15 龍馬京都近江屋で暗殺される 
明治4 1871   1/24 父定吉隠居。家督を長男重太郎へ
4/20 さな分家
11月 小千葉道場を閉め、養子東一郎に譲る
明治6 1873   さな 横浜の長者町の長屋の家主になる
明治7 1874   さな 横浜の翁町の薪炭問屋、元鳥取藩士の山口菊次郎と結婚
明治9 1876   さな 川崎? 灸治を始める
明治12 1879   父定吉死去
明治14 1881   さな 離婚 
秋に重太郎とともに京都へ
明治15 1882 44 さな 千住1-1(現1-4)に移り住み灸治院を開業
さな 華族女学校(学習院)の舎監に就任?(最近の調査で確認できない)
明治16 1883   坂崎柴攔「汗血千里駒」土陽新聞に連載される
さな・兄重太郎 京都へ
桶千葉道場 東一郎に
明治18 1885   兄重太郎京都で死去
明治20
1887   さな 千住中組70番地に移転
明治21 1888   7/31 南足立郡千住中組九百九十三番地(仲町1-1)に移転
屋敷を新築、千葉灸治院を開業
明治25 1892   小田切謙明と妻豊次が千葉灸治院来院
明治26 1893   4/9小田切謙明死去
佐那小田切家へ訪問
明治26年山梨日日新聞「山本節」インタビュー 8/22山梨日日新聞・9/2女学雑誌掲載
明治28 1895   養子勇太郎没 (佐那の甥?元桶町千葉道場の高弟清水小十郎の長男)
明治29 1896 59 10月15日 佐奈子、千住同院59歳で病死
10/19 谷中墓地埋葬(土葬)
 ?  甲府清運寺小田切家墓地内に「千葉さな子墓」小田切豊次建立
昭和25 1950   3/6 八柱霊園無縁塚合葬許可

この表は数種のデーターを比較して作ったものです。 なにかございましたらご連絡ください。

参考資料
足立史談 24・399、506、508 千葉さなについて: あさくらゆう、
千葉さなストーリー あさくらゆう小冊子(千住矢立茶屋で販売)


 ■ 千葉さな イベント
・2010.12/24まで 千葉さなの直筆文書公開 
東京都公文書館 公文書に見る幕末維新の群像 ~東京文化財ウィーク2010公開事業~
・2010.12/12 千葉さな講演会「坂本龍馬の許嫁千葉さな今、明かされる真実」 
講師:あさくらゆう氏 主催:興本地域学習センター
・2010.11/06 千葉さな講演会「坂本龍馬の許嫁千葉さな今、明かされる真実」 
講師:あさくらゆう氏 北千住マルイ 主催: 千住文化普及会
・2010.10/30 講演 千葉重太郎と佐那のこと 
講師:宮川禎一氏 北千住マルイ 主催:千葉佐那研究会
・2010.8/21~29  千葉佐那と坂本龍馬展
千住宿歴史プチテラス蔵ー主催:千葉佐那研究会
2010.07/18  講演会「坂本龍馬の許嫁千葉さな 今、明かされる物語」
講師:あさくら・ゆう氏会場 新選組グッズ専門店 池田屋
・2010.04/08 千葉佐那・千葉灸治院跡説明板 除幕式(千住仲町1-1)
NPO法人 千住文化普及会
・2010.3/7~3/23 「龍馬の愛した女:佐那展」
主催: NPO法人 千住文化普及会in千住矢立茶屋



 ■ 北海道坂本龍馬記念館 2009年11月15日オープン

飾坂本龍馬直筆書簡文久3年8月14日坂本乙女宛 (佐那のことを綴った乙女宛の書簡)

文久3年(1863)8月14日付
姉乙女宛、千葉佐那のことを綴った龍馬直筆書簡が展示されています。

外観は寺田屋をイメージ
場所は十字街市電交差点
馬直筆書簡(現在は複製展示中)
北海道坂本龍馬記念館 所蔵
北海道坂本龍馬記念館
龍馬の志を伝える蝦夷の熱い男
館長三輪氏と母様、千文会櫟原


北海道龍馬記念館は、NPO法人北海道坂本龍馬記念実行委員会が、道内外から集めた寄付などで開設。 2009年11月15日函館にオープン。 11月15日は、龍馬の命日であり誕生日でもある。 名誉顧問は、坂本家9代目当主の坂本登氏。 龍馬の志を受け継ぎ、龍馬の精神を発信。 龍馬が目指した北海道に新たなる開拓が進められています。

LINK 北海道坂本龍馬記念館

2010-01-18 北海道坂本龍馬記念館のブログに紹介されました。
2009-11-06 ハコダテ150 : 函館トピックス - 十字街に北海道坂本龍馬記念館オープン!
2009-09-07 asahi.comマイタウン北海道 : 龍馬の志 いま再び 11月、函館に記念館
2009-09-07 asahi.com :  龍馬の志 いま再び 11月、函館に記念館


乙女宛(佐那)直筆書簡公開
・2004年11月 札幌市南区の仏願寺で初公開(龍馬祭2004)
・2008年11月 京都国立博物館にて公開


 jusin 函館 北海道坂本龍馬記念館へ行く!

龍馬が、千葉さなを綴った唯一の手紙が、北海道坂本龍馬記念館に所蔵されている!?

龍馬が、姉乙女にさな子のことを綴った書簡が、2004年東京で落札・取得された。 
新聞記事の小さな写真だけを手がかりに調査開始。 
なんと!北海道函館の龍馬記念館に所蔵されているよいう。 龍馬と北海道?・・・
ほんなら、函館に行くがぜよ!
2010年1/16大人の休日キップ。 雪と踏み切り事故で4時間遅れ、青函トンネルを抜け、東京から9時間。 
白銀の北海道函館到着! 明朝1/17この機会にと初めて出会った函館のメル友の車で館へ。
東京千住から佐那さんの手紙を見にやってきましたと館長三輪氏にご挨拶。 
龍馬の筆を目の前にして、いや~~鳥肌がたちましたね。(本物が見たい) 
北海道と龍馬の疑問も解けました。 そして龍馬の精神、志を伺いました。 
「日本を今一度せんたくいたし申候」そんな龍馬の声が聞こえるようでした。

>今後の交流と協力をお約束してお2人をお見送りました。素敵な出会いを与えてくれたお佐那さんに感謝です。
相方は、このお言葉に大感激! jusin



■ 佐那を綴った龍馬直筆書簡(複製)は、現在東京ミッドタウンでも公開。
FUJIFILM SQUARE ギャラリー「PHOTO IS」写真で辿る『坂本龍馬の生きた時代』
2009年1月16日(土)~2010年2月25日(木) 10:00~19:00 無料

LINK 
FUJIFILM SQUARE ギャラリー : 「PHOTO IS」写真で辿る『坂本龍馬の生きた時代』



■ 龍馬直筆書簡は100余通以上。 
龍馬の施設や京都国立博物館に所蔵され国の重要文化財になっている。 

LINK 京都国立博物館


 千葉さな子の墓

 jusin 山梨県甲府 妙清山清運寺へ行く

千葉さなは、明治29年10月15日千住にて死去。
谷中霊園に土葬で埋葬され、千葉県松戸市八柱霊園内の谷中霊園分無縁塚に合葬されてる。

■ 千葉さな子の墓

日蓮宗妙清山清運寺:山梨県甲府市朝日5丁目2-11 

佐那子死後、開業当時から親しくしていた板垣退助の自由民権運動家として知られる小田切謙明夫人豊次氏が、
無縁仏になっては不憫だと、谷中天王寺から分骨、小田切家の墓地内に佐那の墓を建てる。 


清運寺本堂

千葉さな子墓

 
ご住職の田中氏

 妙清山清運寺説明本より
清運寺には、坂本龍馬の「もうひとりの妻」
千葉さな子の墓がある。
その墓は自由民権運動の開祖・小田切謙明が眠る小田切家の墓の一角にある。

表面には「千葉さな子墓」と刻まれています。横面には「小田切豊次建之」の文字。そして、裏面には「明治二九年十月十五日逝 坂本龍馬室」とあります。「室」とは「妻」の意味であり、佐那子は龍間の妻として、この清運寺にねむっているのです。 

LINK 妙清山清運寺

 ■ 北辰一刀流 玄武館

 jusin 東京都杉並区 北辰一刀流 玄武館へ行く


龍馬が江戸で剣の修行をした北辰一刀流千葉道場が、現在も存続しています。
創始者千葉周作の弟千葉定吉の娘が「佐那」
北辰一刀玄武館館長と師範
左の方が北辰一刀流玄武館六世宗家 小西真円一之氏


LINK 北辰一刀流 玄武館

2009年5月31日六世宗家小西真円一之氏が玄武館館長を襲名。
2009年北海道坂本龍馬記念館オープンで剣術と演舞を記念講演。
2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」に館長が指導、および門下生多数エキストラとして出演。
2010年1月17日(日)に下田市・宝福寺「第2回龍馬飛翔祭」で演武を披露。

 ■ 山梨日日新聞社

明治26年佐那が、甲府の小田切謙明を訪ねたとき山梨日日新聞社/山本峡雨が佐那本人を取材。
「坂本龍馬氏の未亡人を問う  」の記事を掲載。 同年明治に発行されていた「女学雑誌」にも掲載された。
さな本人の言葉を伝える貴重な資料である。

山梨日日新聞社 ザやまなし3月号に甲府清運寺の千葉さな子墓、そして佐那と足立区千住のことが掲載されました。 ここにまた、甲府、北海道函館、千住が、佐那さんによって深く繋がりました。 佐那さんが亡くなって114年になります。 佐那さんもきっと驚いていらっしゃることしょう(^^)

LINK 山梨日日新聞社

 ■ 山梨龍馬会甲斐援隊

桔梗忌と千葉さな子杯剣道大会
毎年千葉さな子の命日(明治29年10月15日)を「桔梗忌」として、お墓参りを実施。
平成17年には、高知県の女子剣道剣士を招き山梨県女子剣道剣士との「千葉さな子杯」を開催
平成21年には、第5回千葉さな子杯剣道大会が山梨市民総合体育館で開催されています。

LINK ・山梨龍馬会甲斐援隊

 ■  都内千葉定吉道場ゆかりの地

■ 北辰一刀流玄武館  タウンページで検索
東京都杉並区善福寺 JR西荻窪・吉祥寺駅からタクシーで5分(800円)

■ 千葉定吉道場跡(桶町
おけちょう/小千葉道場)推定
①JR東京駅八重洲南口、鍛冶橋
かじばし交差点付近
②JR神田駅(地下鉄人形町駅) 椙森すぎのもり神社付近とも

■ 北辰一刀流千葉周作の道場玄武館跡
JR神田駅 神田お玉ヶ池、 東洋高校付近

■ 千葉定吉・重太郎の墓
雑司が谷霊園:東京都豊島区南池袋4丁目25

■ 参考資料 

・足立史談 第24号・399号
・足立史談 506号、508号、510号、512号、514号
・産経新聞夕刊連載(1962年6月から1966年5月) 「竜馬がいく」司馬遼太郎作・岩田専太郎画

・阿井景子:龍馬のもう1人の妻・龍馬と八人の女性()
・司馬遼太郎:余話として、司馬遼太郎歴史のなかの邂逅、竜馬がゆく狂瀾篇
・菊池明:竜馬最後の真実、坂本龍馬進化論
・歴史読本:2010年2月号
・一個人別冊歴史人坂本龍馬の真実 vol*61
・坂本龍馬の一生(坂崎柴欄汗血千里駒より)

ホームページ
・無二無三:あさくらゆう氏のブログ
・竜馬堂
・龍馬の遺伝子
・歴史大河お勉強まんが/幕末っちゃん~龍馬編~
・千葉さな子 - Wikipedia
・お江戸今昔堂 千葉家と坂本龍馬

  ☆ 当サイト画像、イラスト、文章の転写等は、固く禁止とさせて頂きます。
又、内容については、予告なく、随時更新、変更、削除いたしますのであらかじめご了承ください。 
掲載されている情報については、何らの保証をするものではありません。
☆ ご意見、ご感想、情報等ございましたらこちらまでお願いします。 掲示板   メール